借金を減らすにはどういう方法があるのかまとめてみました

会社の収入を増やす!副業を加える!

銀行や消費者金融、クレジット会社など…金融会社からお金を借りる場合、金額に係らず金利がかかってきます。無利息サービスといった期間内であれば借りた金額をそのままそっくり返済すればいいだけなんですが、そうでない場合は、借りた金額に利息分を付けて返済することとなります。つまり、借り受けた期間によって返済する額が変わってくるのです。その金利は、銀行では年利15%以下消費者金融では年利18%以下となっていることが多いようです。

 

借金を減らすには、当たり前の事ですが返済し続けるのみ。毎月少しずつ返済していけば、いずれ借金はなくなります。何千万といった大金では難しいですが、数百万であれば返済するのもそう難しくないでしょう。

 

借金を最も効率的に減らす方法と言えば、収入を増やすことです。収入を増やす方法としては、残業をしたり休日出勤をして本業の収入を増やす以外にも、副業によって別口での収入を増やす方法もあります。平日の夜の時間や土日などの休日をつかってもいいですね。ただ、副業をおこなう場合には、それが可能かどうか会社に確認しなくてはいけません。

 

また、逆に支出を減らして借金返済に充てる…といった方法もあります。支出を減らすにしても、細かい出費を減らしても意味がありません。それよりも、保険や車の維持費、遊びや外食といったところから減らしていくのがいいでしょう。

 

キャッシングやカードローンなどでお金を借りている人の中には、リボ払いで支払っている人もいます。ですが、リボ払いは毎月の返済額が一定で負担にならないように設定することができますが、意外と利息分が多く取られているのです。元金の減りはゆっくりで、自分から返済期限を延ばして利息だけをじゃんじゃん払っているような状態にしてしまっています。リボ払いではなかなか借金が減らないどころか、多くのお金を上乗せして返済しているのと同じ事になってしまいますので、繰上げ返済のほうに目をむけるようにしましょう。毎月の返済額とは別に返済することで、着々と元金が減っていく事になります。


もしもお給料が減ってしまったら…

会社の業績不振でお給料が減った、予定されていたボーナスが入らなくなった…など、不景気な世の中だけに、借金の返済計画が大きく狂わされてしまう事もあります。ひどい人では、借金に借金を重ねることにもなり…多数の借入を持ってしまうことにも…。

 

複数の借入がある人は、おまとめローンや乗換えローンを検討すると、その返済が少しは楽になります。おまとめローンや乗換えローンは、複数の業者から借り入れている人にはとても有効な手段。借金の額は変わりませんが、一本化することで金利が下がります。しかも、返済日が1日になるので管理も楽になります。

 

ただ、どうしても借金を1本化しても返済が苦しい場合は、債務整理といった手段も検討したほうがいいかもしれません。債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産とあり、状態に応じて選択していきます。借金が軽くなるなどのメリットはありますが、デメリットもありますので、そこらへんも十分に理解してからおこなうようにします。