年金で生活している人は、キャッシングを利用することができるのでしょうか

年齢が上がるほど利用できるキャッシングが減る

仕事を定年退職し年金で暮らしている方でも、お金に困ることは多々あります。困ったときにキャッシングやカードローンを利用する人もいますが、収入が年金だけの場合では、働いている人と同じように利用することができるのでしょうか?答えは、ケースバイケースとなりますが、年齢が上がるに連れてなかなか利用する事が難しくなってくるようです。

 

年金を受け取っている人は、すでに60を超えた高齢者です。キャッシングの審査には年齢に関する条件もあり、60歳を超えると一気に厳しくなります。70歳を超えると、ほぼ利用することができないでしょう。年収はある意味、安定した収入になりますが、それでもなかなか貸しにくいものなのです。

 

高齢者のキャッシングでは、70歳未満であること、そして年金以外の収入があることでやっと審査に通る可能性がでてくるものとなります。年金しか収入源がない場合は、65歳未満でも難しいといわざるをえません。ちなみに、プロミスやアコム、アイフルといった大手消費者金融では、69歳までの借入が可能となっています。銀行では、年金収入だけでも利用できる事が多いようですが、その年齢制限は65歳前後と消費者金融よりも狭いものとなっています。

 

○65歳以上で年金以外の収入がある場合
大手消費者金融や、65歳以上でもOKとなっている銀行カードローンから選びます。例えば、じぶん銀行カードローンや、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行(スルガ銀行)カードローンなどが、65歳以上での申し込みも受け付けているようです。
とはいえ、金利がちょっと高いのが玉にキズ。低金利でいえば三井住友銀行、みずほ銀行、オリックス銀行などがありますが、66歳になった時点で利用できなくなりますので注意が必要です。

 

○65歳以上で年金収入しかない場合
消費者金融であれば65歳以上でも申し込みはできますが、年金収入しかない人は申し込みをすることができません。では、カードローンではどうかというと、66歳を超えることで申し込みできるところもかなり限られてしまうでしょう。強いてあげれば新生銀行レイクでしょうか。レイクはもとは消費者金融でしたが、今は新生銀行と合併して銀行カードローンを取り扱っています。65歳以上で年金収入だけの人も、利用できる数少ない銀行なのです。


キャッシングがどうしても無理な場合は…

年齢が上がるほど厳しくなるキャッシング。どのキャッシングも利用できない場合は、国がおこなっている融資制度を利用する方がいいかもしれません。審査はありますが、借りたお金の使い道は厳しく限定されてはいません。保険医療や住宅改修費、介護福祉、教育、冠婚葬祭、事業維持、債務等の一括整理、臨時生活資金など…があります。ただし、ギャンブルなどの投機性の高いもの、公序良俗に反するもの、借入した人に利益に反する事であれば、その融資はおこなわれないものとなります。

 

気になる金利は年1.6%と格段に低くなっています。国から借りているといった点でも安心感も高いものとなります。キャッシングが無理なら、年金担保貸付制度を利用してみるといいかもしれませんね。