キャッシングに申し込む前に知っておきたい基本についてです

キャッシングの種類

初めてキャッシングやカードローンを利用するひとからしてみれば、ちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、現実にはきちんと返済期日を守っていれば怖い事はなにもありません。今は昔のように厳しい取立てはできなくなっていますので、たとえ返済が遅れても法的処置を取られる程度なのです。しかも、問題になっていたグレーゾーン金利についても法が改正されてなくなりましたので、金利の面でも低くなったといえるでしょう。

 

すぐに借りたい人には即日融資もできるのがカードローンの良いところ。今では1人2枚は持っているといわれている、クレジットカードのキャッシング枠からもお金を借りることもできます。それだけ、キャッシングは身近なものとなってきているのです。使い方を間違わなければ、便利なサービスとなるのです。

 

そんなキャッシングは、いくつかの種類に分けることができます。銀行・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社の4つです。銀行のキャッシングはカードローンと呼ばれており、言い方が違うだけで実は同じ商品。申込者が多いのは、銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングです。信販系の利用は少なく、クレジットカードでのキャッシングは普段の買い物でよく使われている人が活用することが多いようです。


一番人気は銀行

キャッシングには銀行・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社とあるわけですが、近年において人気が高いのが銀行系キャッシングです。いわゆる銀行カードローンです。少し前に、個人向け無担保融資において、銀行カードローン残高が消費者金融の貸付残高を抜いたことが話題になったばかり。ニュースでも報じられるほどでした。

 

なぜそこまで銀行系キャッシングに人気が集中しているのか?それは、総量規制の影響によります。消費者金融は総量規制によって貸付できるお金の上限が決まってしまっているのですが、銀行はこの総量規制が適用されないので、高額な貸付もできるようになっているのです。ただし、その分、審査は厳しいものとなります。審査を通過できるのは10人に2人か3人といわれており、これは消費者金融に比べてると半分ほどとなっているのです。

 

そんな銀行系カードローンを利用するのであれば、パートやアルバイト、専業主婦では不利。正社員の方が有利ですし、ある程度の年収もなければ厳しいものとなります。ただ、最近ではパートやアルバイト、専業主婦の人でも審査に通りやすいように、限度額を下げて対応しているところが増えてきています。申し込み条件に最低年収を掲げるところも減ってきましたし、20歳以上で安定した収入があれば基本的にはOKといった感じになってきています。銀行でのキャッシングは金利も低いので、長期間借りたいという人には最適なのです。

 

銀行の中でも人気が高いところといえば、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行です。みずほ銀行は最高限度額が高く、最高金利も低くなっています。三菱東京UFJ銀行は審査が早く、カードの発行もすばやいのが特徴となっています。他にも、いろいろな銀行がキャッシングを取り扱っているので、見比べてみるといいでしょう。