キャッシングで借りた場合、その返済方法や利息はどうなっているのでしょうか

返済を遅れるとどうなるのか?

キャッシングやカードローンで借りた場合、その返済方法としては一括払いやリボ払いと、さまざまな返済方法が用意されています。最近ではインターネットでの申し込みや融資などが主流となってきているだけに、ダイレクトバンキングを活用して返済する人が増えているようです。インターネットであれば、場所も時間も問わずにできるので便利ですね。

 

返済期日については、借りる前…つまりは、契約する際に決定します。そこで決められた返済期日を守らないでいると、遅れた分だけ延滞扱いとなり遅延損害金といったペナルティが発生することとなります。この遅延損害金は、年利20%といった高い罰金になることもあるのです。しかも、滞納している期間は「利息+遅延損害金」として計算されるので注意が必要です。

 

どうしても返済が遅れてしまう際には、前もって連絡を入れるようにしましょう。先に連絡をしたから遅延損害金が発生しない…といったことはありませんが、催促や確認などの連絡が入ることはありませんし、数日の遅れであればペナルティも軽くしてくれることもあるのです。

 

また、キャッシングでは即日融資がよく注目されていますが、返済に関しても即日でも大丈夫です。借りたその日に返済する人は少ないでしょうが、借りた次の日が給料日であれば即日返済できますね。給料日前日にどうしてもお金が必要だっから…なんて借り方をした人がこれに当たります。それなのに、リボ払いで返済している人もいますが、これは利息が多く取られてしまいがちなので、楽そうにみえても金額や回数によっては大きく損をしてしまうこともあるのですから、さっさと返済を優先してしまったほうがいいでしょう。


他社からの借入返済のために借りられる?

キャッシングがカードローンは申し込みも簡単ですし、クレジット審査よりも比較的楽。どちらかと言えば手軽に借りられるサービスといえるでしょう。とはいえ、いきなり高額での借入はできません。限度額は個々の状態やランクによって変わってきますが、大体数十万単位。いっても50万を超えることはないでしょう。最初から限度額一杯に借りてしまう人はいないでしょうけども、慣れてしまうとついつい使ってしまって…気が付けば限度額いっぱいになっていたということあるので要注意です。簡単に借りられるだけに勘違いしやすいですが、借金を作っているということを忘れてはいけないのです。

 

キャッシングやカードローンの審査の際には、借入する理由を聞かれることがあります。なぜなら、借りる理由が「他社から借りたお金を返済するため」といった人もいるのです。借金返済の為にキャッシングを利用する…これは、審査に響くのでしょうか?

 

答えは、「イエス」です。他社から借りたお金を返すために借りたい…なんてことがわかると、審査に落ちる確率がグンと上がります。そうした理由からキャッシングを利用する場合は、生活費や冠婚葬祭といった無難な理由を言うようにしましょう。

 

また、他にも複数の借入がある場合での新たな借入はとても難しいものとなっています。信用情報機関のデータでわかりますので、件数をごまかすのはやめておきましょう。ばれます。また、借入件数が多くなるほど、審査に通る確率は低くなります