キャッシングを利用する為の在籍確認方法ついて調べてみました

職場への電話連絡、在籍確認

キャッシングやカードローンを利用するには、審査をおこなってそれに通らなければいけません。審査は個人情報や信用情報といったデータだけでなく、本当に記載されている会社に勤めているのかどうかを確認するための連絡もおこなわれます。やはり、一定の収入が無ければ返済することはできませんので、金融会社としてもお金を貸すことはできません。ですから、この電話による在籍確認は大きな判定材料になっているのです。

 

とはいえ、金融会社から職場に電話をかけられるのは…気持ち的にもあまりよくありませんね。誰もが「かけてほしくないな…」といった気持ちもを抱いているでしょう。そう思うのは、金融会社からの電話がきっかけで、会社に人に借金がばれてしまうかもしれない…なんて恐怖心を感じるからです。

 

ですが、金融会社もそこまでバカではありません。会社に電話をするにしても、金融会社からの電話だとはわからないようにしてかけてくるのです。ですから、この電話がきっかけで会社にキャッシングの事実がばれることはありません。個人名を使ってかけてくることがほとんどなのです。

 

第一、貸金業法において「第三者に契約(借金)の事実を知らせてはいけない」と言った事が記載されています。在籍確認において、キャッシングをしていることを会社側に知られるような事をしてはいけないと、法律的にも定められているのです。消費者金融としても、顧客のプライバシーは徹底して守る義務があるのです。

 

ちなみに、在籍確認の電話をかけた時に本人があいにく席を外していたとしても、それは問題になりません。なぜなら、電話に出た人「用事があって出ている」ということは、顧客は確かにその会社で仕事をしていると証明してもらっているようなものなのですから。電話に出る事が出来た場合は、確認した旨や、場合によっては氏名、住所、電話番号などの確認をして終わることとなります。


在籍確認でNGとなる人

在籍確認は審査の最終チェックとして行われますので、在籍確認を無事に終わらせることができれば、ほぼ審査には通るものといえるでしょう。在籍確認はそう難しいものではないのですが、中にはこれで審査に落ちてしまう人もいるのです。

 

審査に落ちてしまう理由としては、在籍が確認できないことが挙げられます。以前勤めていた会社なのか、それとも審査を通る為についたウソなのか…電話をして申込者がそこで働いていない、もしくは辞めた後だった場合には、申込情報に虚偽があるとして審査NGとなります。これは仕方がない事ですね。

 

とはいえ、従業員数が多い会社では、電話に出た人が勘違いして「そんな人はいない」と言ってしまう可能性、さらには名前の聞き間違えの可能性もありますから、間違いなく確認できる部署の番号を金融会社に伝えるようにしておかなくてはいけません。

 

ちなみに、在籍確認がどうしても難しい事情がある場合には、それを申し出る事で在籍確認なしでの審査をやってもらえることもあります。それには条件が必要となりますので、事情がある人は確認してみるといいでしょう。