急にお金が必要になった…即日借りるのに可能な時間は何時まででしょうか

即日融資の為の3つのポイント

キャッシングを利用する人の中には、時間的にもまったく余裕がない人もいます。キャッシングでは急なお金の準備しなくてはいけないことから利用する人も多く、キャッシング会社の方でも申し込んだその日に受け取れるようにスピーディーに対応することを謳い文句にしています。ただ、お金を貸すにしても審査をしなければいけませんので、即日融資を希望するのであれば、なるべく早い時間帯に申し込むようにしなければいけません。

 

特に初めて利用する人は、審査と契約が必要となります。審査は個人情報や信用情報に問題が無ければ、30分といった短い時間で終わらせることができます。ちょっとでも審査にひっかかるようなことがあると…当然のことながら審査に時間がかかり、最悪、融資を断られることもでてくるのです。「最短30分で審査が終わります」といった言葉を聞きますが、それも絶対ではないので、あまり余裕をもって申し込むと翌日に回されることもあるので要注意です。

 

確実に申し込んだその日に融資を受けたいのであれば、次の3つのポイントは守るようにしましょう。

 

@平日の午前中にインターネットから申し込みをする
即日融資を希望するのであれば、平日の午前中に申し込むのは絶対条件となります。夜間や土日祝日では申し込みはできるものの、在籍確認がとれないので週明けになってしまう可能性があるのです。

 

A申し込み後には銀行振り込みや自動契約機でカードを発行する
自動契約機は夜の10時と、遅くまでやっている会社もあります。ですが、誰かが先に来てやっていて入れない…なんて可能性もありますので、余裕をもっていくのがいいでしょう。午前中に申し込みをおこない、仕事が終わった後に自動契約機でカードを発行する…といった流れにすると時間に無駄がありません。店頭窓口や自動契約機で申し込みをしてもいいのですが、インターネットで申し込んでおいた方がスピーディーに終わります。

 

B収入証明書を用意しておく
消費者金融からの借り入れは、50万以下であれば収入証明書の提出は不要となります。が、提出された情報から収入証明書が必要と判断されることもあるので、念のため用意しておいたほうが無難でしょう。収入証明書には、源泉徴収や給与明細、確定申告書などが該当します。


ネット申し込みよる即日融資

インターネットで申し込みをする場合、「申し込み」と「借り入れる」の2つの時間があることに注目します。インターネットでの申し込みは24時間いつでも受け付けていますが、審査ができるのは申し込んだ先の消費者金融会社の営業時間内です。つまり、夜間に申し込んでもすぐに審査がおこなわれるわけではないのです。

 

しかも、審査に通ってめでたく銀行振り込みで入金してもらうことができたとしても、振込先の銀行によって振り込み可能時間が決められているのが、それによって翌日に回されてしまう事もあるかもしれないのです。銀行によっては24時間、振り込みが可能となっているところもあるので、そうした銀行の口座を振込先に選ぶようにしましょう。